スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPad Air2用両面カバー+キーボードなlogicool TYPE+の雑感

 出先やリビングで転がってる時の作業はiPad Air2を使っています。メモ書きしかり、パワーが必要な作業はMS謹製のリモートデスクトップアプリを使たり。
 短文程度ならば全然ソフトキーボードでも問題ないのですが、ある程度の長文になるとソフトキーボードで画面が隠れたり、クリック感がないのがちょっとつらいのが悲しきキーボード世代。
しばらく使っていてやっぱりキーボードが欲しいなぁと。ついでにカバーケースも欲しいと思うようになりました。
 ケースはせっかくの軽さがシュリンクしてしまうような気がして使ってなかったのですが、薄いだけに使っていて逆に怖くなったのですよ。

 さてさて、どうせ買うならカバーとキーボードが一体化してるのが楽でいいよね、ということで白羽の矢が立って買ってみたのがlogicoolのTYPE+。

LOGICOOL キーボード⼀体型保護ケース for iPad Air 2 ブラック iK1051BKLOGICOOL キーボード⼀体型保護ケース for iPad Air 2 ブラック iK1051BK
(2014/12/05)
ロジクール

商品詳細を見る

 選んだ理由は次な感じです。

■キーボードとカバーが一体化してる
 android端末用にBTキーボードを持っていますが、意外に使わない、というか、使いたいときに手元にないことが多くて結果使わないパターンになっています。カバー一体型ならその心配ないよね、という感じです。

■ホールドする爪が頑丈そう
 ホールドする部分が薄い鉤爪みたいなプラスチック板じゃなくて、こう言葉で説明し辛いですが、かまくらドームの中埋め込むような感じになっています。写真で見るとこんな感じです。
 2015-01-28.jpg
 着脱をするときに割れたら悲しいのでちょっと重要視してみました。

■平面持ちが出来る。
 キーボードを使うときはノートPCスタイルになるのは当然として、使わない時どうするかというのは結構大事です。
 いちいち外すのは大変面倒です。外しっぱなしになって使わなくなるのは想像に易いです。
 これは背面部分のカバーがクタッと折れて、キーボード上に背がくるように畳まれることで、いわゆる平面持ち、手持ちスタイルになります。メーカーのサイトを見るのがわかりやすいと思います。

 Surface Proのタイプカバーは背面に回すタイプ。これはこれでいいのですがキーボードトップを鷲掴みしているのはちょっと心もとなく、爪とかで引っけたらどうしようとか、ポンと置いたそこに何か汚れがあったらキーボードにベチャッとついてしまうとか、色々考えてしまいます。(ただSurfaceProのタイプカバーもいいところがあります、がまた機会に)
 このTYPE+のタイプだとキーボードはipadの下に隠れて触れることはないので安心です。
 ちなみにキーボードの電源はノートPCスタイルにした時にオンになり、カバーを閉じたり平面持ちをした時はオフになります。

 良くないところも書くと、お値段と430gというiPad本体に相当する結構な重さ。
 お値段は大体11000円くらいを推移しているぽいですが、純正のカバーが8800円+8%なことを考えると、背面のAppleロゴの有無にこだわりがない個人的にはお手頃な気もします。
 重さはバッテリーと本体と頑丈な爪の影響かと思いますが、本体合わせると900g弱あるので、「surfacePro3とそんなに変わらないじゃん」というオチも。もうちょい頑張ればMacBookAirも射程に入ります。
 さらに、キーボードがいわゆるUS配列です。@の位置にちょっと慣れない人もいるかもです。
 
 ただそれを差し引いても、 リモートデスクトップ・アプリやちょっとテキストやスクリプトを書くことが多い自分にはキーボード付きは便利だなぁと思います。ちょっとしたメールはこれで対応しています。
 重さは…まあ、腕がだる時はカバーを外せばいいかなと。実際、寝っ転がって音ゲーをするときは外してます。
 取り外しは適度な硬さの背面カバー部をちょっと指で反らせるとわりと簡単にパコッと外れます。最初は渋いかもですが2,3回やってればコツみたいなのがわかります。
 取り付けるときも同じ要領で。

 ちなみに昔、iPadをテキスト専用のノートPCみたいに使えるか、というチャレンジをしたことがあります。iOS4.2とかくらいのころ。その時はOSもキーボードも熟れておらず挫けた、というのがその時の記憶です。
 今のバージョンはアプリも含めた環境も熟れてきたなぁというのが最近の印象です。

 キーボード一体型カバーというのを探している人は如何でしょうか。
 
スポンサーサイト

資料表示ビュアーのpurerefにMac版が出ていた

前の記事でちょっと紹介していた資料画像ソフトのPureRefですが、いつのまにかMacが出ていたみたいです。
Macではプレビューを使っていましたが、pureRefには複数の画像を同時に見られるという強みがあり、これはこれで便利で、Mac版でないかなぁと思っていたので嬉しい移植でした。

早速使ってみたのですが、見た目はwindows版そのままですが、どうもキャンバスの移動とサイズ変更が出来ません。
フォーラムを見てみると10.10だと現在のところウィンドウ周りに不具合があるとのこと。
まもなく修正するとは書かれていますが、真ん中にウィンドウがあるのはちょっと実用に難があります。

少し悩んだ末、OSをバージョンダウンすることにしました。
もともと10.10はクリスタのストローク描画が重くなっていたのが気になっていました。
ホバー状態でぐるぐる回すと明らかにClipPaintLab時代の初期のころのような動きというか、手ぶれ補正が強くかかった時のように遅れてます。
この傾向は10.9のころにも感じていたのですが慣れの問題でどうにか出来るかなぁ、と使い続けていました。ところがG13のドライバがどうも具合が悪くなり、マルチディスプレイ状態でスリープすると、プライマリ側が映らないで復帰するなど地味に痛い不具合に遭遇していたので、古巣へ帰ろうと、ということでもともとのプリインストールの10.8へドーンと戻しました。
 WinもMacも、プリインストールOSを使うのが大体の場合無難という気がします。

 戻した現在はウィンドウ周りの不具合もなく問題なく使えています。
 コンパクトで便利な資料表示用ビュアーツールなので、しばらく使っていきたいと思います。

クリスタのベクターレイヤーの消しゴム

 後から編集が出来るクリスタのベクターレイヤー。 半透明に質感があるブラシが使え、塗りつぶしと混色が出来ないく他は普通のブラシと大きな差がないのがいい感じです。

 ベクターレイヤーの消しゴムにはベクターレイヤーだけに有効になる「ベクター消去」というモードがデフォルトでオンになっています。これには3モードあり、線全体を消す、他の線と交差するところまで消す、触れた部分だけ消す、があります。
 線の微調整にはこの触れた部分だけ消すというモードを使いがちなのですが、これが微妙に動作に癖があり、ちょっと消しただけなのに後補正が入ったような意図せず線の形がかわるような挙動をします。

 でも、実はベクターの消しゴミはもうひとつモードがあります。それは「ベクター消去」のチェックを外した状態。つまり普通の消しゴムです。
 この状態と「触れた部分だけ消す」の差は結構あります。

csp_vec1.jpg


 上がベクター消去のチェックを外したもの、下が「触れた部分だけ」のモード。
 左の方から見ていきますと、上のものは線の先の加工が普通にできています。一方下のほうは先が細くなっていますが、実は片方しか削っていません。一方を削ると自動で先細りするようになっています。入り抜きオンみたいですね。

 真ん中の点線は軽くなぞった結果です。上では筆圧が反映されていますが、下はバッキリ消えています。

 右端は線を斜めに横断して消した場合。
 どちらも似たような形をしていますが、上のほうは消しゴムの軌跡通りの形をしていますが、下は少し補正のようなものが入ります。赤丸のところがそうです。

 ここまで書くと、ベクター消しゴム切ったほうがいいじゃん、となるのですがこの方法にはとっても残念な問題があります。
 上で描いた線を、ちょっと線つまみツールで摘んでみると、こんな感じになります。
csp_vec2.jpg

 千の左端と右のほうをちょっと下の方に引っ張っています。
 線を消した部分、消しゴムをかけた部分の線がいびつな感じになっているのわかりますでしょうか。
 実はこの方法で描かれた、というか消された消しゴムの部分は「透明にする」というベクター線が描かれいます。一種のマスクみたいなものですね。
 なので、この消しゴムのストロークも摘んで変形しないと線がおかしくなってしまい、ぶっちゃけ使えません。

 これではベクター線の良さである後から編集というのがスポイルされてしまいますが、矩形選択などで移動する分には問題ありません。なのでこの消しゴムが使えるシーンは「後から線の形を変えないけれどベクター線を使う」というのに限られます。
 そんなシーンあるのかなと思ったのですが、交点削除だけ必要とする場合、例えば大量の髪の毛の流れとかそういうときには活路があるかもしれません。

 この記事、最初に書きだしたのは実は7月でした…。
 その後、子供が生まれて、なんだかんだとドタバタしているうちに年が明けてしまい、いい加減下書きにカビが生えそうなので公開することにしました。
 一時期は上に下にの大騒ぎの毎日でしたが、ようやく生活のリズムが作り直せてきたのでポツポツ記事も投下していきたいなぁと思います。

お絵描き資料ビュアー雑感

お絵描きの資料表示にはみなさん何を使っていますか?
ビュワーを使う人、キャンバスに直接貼り付ける人、色々いると思います。
クリスタだとサブビューという専用の機能がありますので、これを使う人が多いのではないかなと思います。

画像ビュアーは色々ありますが、資料表示に適してるというと、Windowsでは個人的にはMassigraを長く使っていました。
最小限のUIで最前面固定ができて、カスタマイズが豊富に出来るのが良かったです。
前回終了時の画像を次回起動時に開くことが出来るのも良いです。これ、前の画を続きを描こうとするときにサッと資料を出せて便利です。
ただバラバラの場所にある複数の画像をリスト化して保持出来ないのが個人的に惜しい点でした。

Macでは標準のプレビューを使っていました。
最小限のUIに、前回表示を保持できること、異なる場所の画像をリスト保存できる、さらにドラッグでそのリストの順番を入れ替えられるなどなど個人的にはほぼパーフェクトです。ただ、最前面固定が出来ないかったのがかなり致命的でした。
ただ、最前面はafloatというツールを使うことで解決出来ます!
出来るのですが、このツール長らく更新していないので、結構仕様をバッサリと切り捨てるAppleさんのこと、いつまで使えるか怪しいのが気になります。

クリスタのサブビューも使っていますがここはlipファイルを読み込んで、カラーパレット置き場的な使い方をしています。

↓こんな感じ
colorPallete.jpg

プレビューのようなソフトがwindowsにもないかしら、無いなら作ろうかとか色々思っていたら、3D関連技術の記事を精力的に更新されている3D人さんのページで、PureRefというソフトの紹介記事を発見。
んで、しばらく使ってみました。

このツールは名前にref(erence)とついてるように、資料参照に特化していて、いわゆるビュアーソフトとちょっと使い勝手が違います。
普通のビュアーはウィンドウ内に画像単体を表示して、ページをめくるように切り替わるのですが、このPureRefは大きなキャンバスに画像レイヤーを配置するイメージです。
散らばった画像を自動整列する機能や、大きさが異なる画像を揃えて表示する機能、回転や反転や一部分をクロップ、クリック箇所のカラーピックなど、ひと通りの機能がついています。

当然、最前面固定表示可能出来ますし、キャンバスの状態を保存することも出来ます。
ただし終了時に自動保存こそしてくれないのですが警告は出すことは出来ます。
またキャンバスの状態を個別に保存できるので作品単位で資料ファイルを分けることも出来ます。
サブビューは、常に後ろに追加されて、次へ、と、戻るだけで画像を切り替えるので離れた画像を行ったり来たりすると地味に面倒だったりします。
このソフトだとそんな必要は無く、camera resetでキャンバスを見渡して目当ての画像をダルクリックをすればオッケー、もしくはキャンバスをパンして移動すればいいのいうのでより直感的かもしれません。

資料表示だけを見れば、Macのプレビューに勝るかもしれません。
強いて言えば、UIがスッキリしている分、多くの機能をショートカットで操作します。右クリックメニューにはなく、ショートカットオンリーの機能が多く、覚えるまで少し戸惑うかもしれないのがデメリットかなぁと思います。

しばらくこれを使って行ってみようかなと思います。

出戻り

移転するといったな、あれは嘘だ。

というわけで、お久しぶりです。
結局こっちのブログも活かすことにしました。
曰く、blogspotに記事をエクスポートするのが面倒くさい→時間が経過→結局どっちにも記事を書かずに放置、というあまりよろしくない状態になったので、こっちはイラスト関係、あっちはその他と分けて書きます。
書き分けというか、ブログ2本分もネタかけるか怪しいですが、とりあえずはそんな感じです。

最近、ひょんなことでよくクリスタの使い方を教えることが多くなりました。
漫画家の先生だったり、風景画を描かれる人だったり、イラストだったり。
マニュアル的な、機能的なことをアドバイスすることは出来るのですが、ソフトの疑問に対して、その人がどういう結果のどんな風にやりたいのかをリサーチする過程で色々な技工だったりノウハウを聞かせてもらえれてこちらもありがたい感じです。

というところで、ぷち復活でした。

プロフィール

水玄ソバ

Author:水玄ソバ
下手の横好き。

MIDPINE名義はこちらへ。
SOBaLOG


suigensobaをフォローしましょう

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。