スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

G13スクリプトとか

G13のスクリプトネタです。
G13は言わずとしれたゲーム向けの左手キーボードです。
ただカスタマイズ性からお絵かきさんにも使われていることが多いデバイスです。
私もお絵かき以外にもAfterEffectsやfinaleというソフトで使っております。
この手のデバイスを使うと良いことは、場所的なメリットの他に、デバイスのどのキーにどの機能を割り当てるか自分の中で決めておけば、ソフトを変えても、「えーとこのソフトだと回転は…」と戸惑いにくいことでしょうか。
ショートカットキーだけでは吸収出来ないところはG13ではスクリプトで機能を拡張する事が出来ます。
今回はこのスクリプトでちょっと小ネタ。

二つの機能をワンセットしています。
セットになっているのは次の二つ。
・イラスタ/コミスタでSAI風カラー切り替え (イラスタ/コミスタ向け)
・特定のGキーを押してる間だけMセットを切り替え (こっちは特に制限なし)

■DOWNLOAD■
※拡張子がMP3ですのでzipに書き換えて展開してください。

■イラスタ/コミスタでSAI風カラー切り替え for G13

はい、5月の末にはClipStudioが発売されるというこの時期にイラスタネタです。
イラスタはメイン/サブ/透明色の切り替えが個別のキー割り当てになっています。
三つを同じキーを割り当てることで順次切り替えにすることが出来ますがSAIとは同じにはなりません。
「これどうにかならんの」という知人の声で拙作ismod/ismod liteが生まれたわけです。
(このあたりclipStudioでは互換にできるようになっております)
これをG13のスクリプトでやろう、ついでバックアップついで書いておこうというのが今回のお題です。

まずG13の設定パネルで、メイン/サブ、とカラー/透明の切り替えを割り当てたいGキーの割り当てを解除します。
つまり空にします。
つぎにスクリプトを割り当てたいプロファイルを右クリック。スクリプトウィンドウを開きます。
そこで「ファイル>インポート」を選び、展開したluaファイルを読み込ませます。
(元が自分しか見ないだろと書いたものなのでべったべたの書き方です。)

読み込まれたら、スクリプトの冒頭、※印が付いているところを自分に合わせて書き換えます。
例えばカラー/透明切り替えはデフォルトではG18キーに割り当てられています。これをG1キーに書き換える場合は、
tck=1
と書き換えます。
書き換え終わったら保存して終了です。
下のログ画面にエラーが出なかったらオッケーです。
このスクリプトはレイヤーやツールを選びますが多分コミスタでも使えます。
Mac版のG13ドライバでも使えると思います。(未確認)

■特定のGキーを押してる間だけMセットを切り替え

G13のスクリプトで有名なGキーのキーシフトというのがあります。
つまりGキーを押している間だけ割り当てキーを切り替えるというもの。
上のスクリプトはその機能に似ていて、特定のGキーを押している間だけMを切り替えるというのが入っています。
こちらはイラスタ関係ありません。SAIでもなんでも行けると思います。
上と同様の手順で、適用したG13プロファイルのスクリプトウィンドウを開いて、luaスクリプトを読み込ませて、ちょいちょいとスクリプトを書き換えて保存して下さい。
なおこのMキーシフトだけを使いたい場合はtckとackに-1など存在しないキーを割り当ててください。

有効にするには
tm2=(数字)
tm3=(数字)
のところを一時切り替えにしたいGキーの数字を入れます。
これで押している間だけM2~3に切り替わります。
そんなに沢山割り当てない、GUIで管理したい人向け。
私はこれでM1には基本ツールセットを、M2にはよく使う個別のツール(荒い鉛筆とか)を割り当てています。
無効にしたい場合は-1とか存在しないキーを入れておいて下さい。

以上、小ネタでした。
スポンサーサイト
プロフィール

水玄ソバ

Author:水玄ソバ
下手の横好き。

MIDPINE名義はこちらへ。
SOBaLOG


suigensobaをフォローしましょう

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。