スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスタで「応答無し」に対する対処法(の提案)

 クリスタが落ちた、という話をTLで見かけます。
 クリスタは起動直後に素材ライブラリを読み込んだり、素材を操作したとき重くなりやすいようです。
 おそらくインデックスの再作成とかそういう感じのことをしているのだろうと思うのですが、こういう過負荷状態の時、windowsはよくタイトルバーに「応答無し」と表示して、ウィンドウが白くなってしまいます。
 このとき下手に操作をしようものならエラーダイアログが表示されたりして青い顔、ということも。
 他にも64bit化の恩恵で大きなデータを扱うことが出来るようになった反面、処理量が多くなり同様に過負荷になって「応答無し」になってしまうこともあります。

 この「応答無し」はようは
ユーザー「おーい、ここクリックしたいんだけどー?」
 と声をかけてもアプリが
アプリ「(忙しいから後にしてくれよ)」
 と無視を決め込まれている状態が多いです。なので、そっとしておくと
アプリ「はーやれやれ、やっと終わった、でなんだい?」
 と答えてくれるようになるのですが、せっかちにもクリッククリックしていると、
アプリ「なんだよ、どうせ俺にはこんな仕事無理だよ! 辞めてやらー!」
と切れてエラーを出しまう。
 様子を見ながら操作をまってあげるのがコツです。

 でも、作業はついついポンポンと流れで操作しがち。
 それにほんとに不具合で止まっているのか*1のかなかなか見分けが付かない。
 ならば応答待ちと判断されるまでの時間を長くする、つまり、アプリが切れないよう、気を長くしてあげたらどうだろう、というのが今回のお話。

*1 現在、特定のツール設定のツールを使った場合もソフトが固まる模様で、12/20に改善バージョンが公開されるそうです。詳しくはこちら。
【Ver.1.3.0】特定の設定で描画ツールを使用すると、アプリケーションが一時的に操作できなくなる場合があります。(更新) | CLIP STUDIO PAINTのよくある質問 | CLIP


 そのやり方は、MSのフォーラムにこんなやりとりがあります。

 「応答なし」と判断するまでの時間の変更

 レジストリを書き換えてタイムアウト時間を変更するやり方です。
 リンク先の例では、HungAppTimeout の値をどれくらいに変えるか書かれていませんが、
 15000~30000の間くらいで変えてみてはどうだろう、と思います。
 ms単位なので、15秒から30秒ほど待ってそれでも駄目なら「応答無し」と判断するようになるはずです。

 この設定をすると、ちゃんとした応答無しエラー(というのも変ですが)でも設定した秒数待つことになりますので、そこはトレードオフかと思います。

 私は主にクリスタはMac版を使っていますが、最近のMac OSはその出自から一つのアプリがユーザーを無視するほど全力になりにくい性質があります。
 なのでちょっとペンが重いな、ということはあっても応答無しまではなかなかたどり着きません。
 それはそれで長所短所あることなのですが、それはまた別の機会に。
スポンサーサイト
プロフィール

水玄ソバ

Author:水玄ソバ
下手の横好き。

MIDPINE名義はこちらへ。
SOBaLOG


suigensobaをフォローしましょう

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。