スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスタのベクターレイヤーの消しゴム

 後から編集が出来るクリスタのベクターレイヤー。 半透明に質感があるブラシが使え、塗りつぶしと混色が出来ないく他は普通のブラシと大きな差がないのがいい感じです。

 ベクターレイヤーの消しゴムにはベクターレイヤーだけに有効になる「ベクター消去」というモードがデフォルトでオンになっています。これには3モードあり、線全体を消す、他の線と交差するところまで消す、触れた部分だけ消す、があります。
 線の微調整にはこの触れた部分だけ消すというモードを使いがちなのですが、これが微妙に動作に癖があり、ちょっと消しただけなのに後補正が入ったような意図せず線の形がかわるような挙動をします。

 でも、実はベクターの消しゴミはもうひとつモードがあります。それは「ベクター消去」のチェックを外した状態。つまり普通の消しゴムです。
 この状態と「触れた部分だけ消す」の差は結構あります。

csp_vec1.jpg


 上がベクター消去のチェックを外したもの、下が「触れた部分だけ」のモード。
 左の方から見ていきますと、上のものは線の先の加工が普通にできています。一方下のほうは先が細くなっていますが、実は片方しか削っていません。一方を削ると自動で先細りするようになっています。入り抜きオンみたいですね。

 真ん中の点線は軽くなぞった結果です。上では筆圧が反映されていますが、下はバッキリ消えています。

 右端は線を斜めに横断して消した場合。
 どちらも似たような形をしていますが、上のほうは消しゴムの軌跡通りの形をしていますが、下は少し補正のようなものが入ります。赤丸のところがそうです。

 ここまで書くと、ベクター消しゴム切ったほうがいいじゃん、となるのですがこの方法にはとっても残念な問題があります。
 上で描いた線を、ちょっと線つまみツールで摘んでみると、こんな感じになります。
csp_vec2.jpg

 千の左端と右のほうをちょっと下の方に引っ張っています。
 線を消した部分、消しゴムをかけた部分の線がいびつな感じになっているのわかりますでしょうか。
 実はこの方法で描かれた、というか消された消しゴムの部分は「透明にする」というベクター線が描かれいます。一種のマスクみたいなものですね。
 なので、この消しゴムのストロークも摘んで変形しないと線がおかしくなってしまい、ぶっちゃけ使えません。

 これではベクター線の良さである後から編集というのがスポイルされてしまいますが、矩形選択などで移動する分には問題ありません。なのでこの消しゴムが使えるシーンは「後から線の形を変えないけれどベクター線を使う」というのに限られます。
 そんなシーンあるのかなと思ったのですが、交点削除だけ必要とする場合、例えば大量の髪の毛の流れとかそういうときには活路があるかもしれません。

 この記事、最初に書きだしたのは実は7月でした…。
 その後、子供が生まれて、なんだかんだとドタバタしているうちに年が明けてしまい、いい加減下書きにカビが生えそうなので公開することにしました。
 一時期は上に下にの大騒ぎの毎日でしたが、ようやく生活のリズムが作り直せてきたのでポツポツ記事も投下していきたいなぁと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

水玄ソバ

Author:水玄ソバ
下手の横好き。

MIDPINE名義はこちらへ。
SOBaLOG


suigensobaをフォローしましょう

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。