スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

資料表示ビュアーのpurerefにMac版が出ていた

前の記事でちょっと紹介していた資料画像ソフトのPureRefですが、いつのまにかMacが出ていたみたいです。
Macではプレビューを使っていましたが、pureRefには複数の画像を同時に見られるという強みがあり、これはこれで便利で、Mac版でないかなぁと思っていたので嬉しい移植でした。

早速使ってみたのですが、見た目はwindows版そのままですが、どうもキャンバスの移動とサイズ変更が出来ません。
フォーラムを見てみると10.10だと現在のところウィンドウ周りに不具合があるとのこと。
まもなく修正するとは書かれていますが、真ん中にウィンドウがあるのはちょっと実用に難があります。

少し悩んだ末、OSをバージョンダウンすることにしました。
もともと10.10はクリスタのストローク描画が重くなっていたのが気になっていました。
ホバー状態でぐるぐる回すと明らかにClipPaintLab時代の初期のころのような動きというか、手ぶれ補正が強くかかった時のように遅れてます。
この傾向は10.9のころにも感じていたのですが慣れの問題でどうにか出来るかなぁ、と使い続けていました。ところがG13のドライバがどうも具合が悪くなり、マルチディスプレイ状態でスリープすると、プライマリ側が映らないで復帰するなど地味に痛い不具合に遭遇していたので、古巣へ帰ろうと、ということでもともとのプリインストールの10.8へドーンと戻しました。
 WinもMacも、プリインストールOSを使うのが大体の場合無難という気がします。

 戻した現在はウィンドウ周りの不具合もなく問題なく使えています。
 コンパクトで便利な資料表示用ビュアーツールなので、しばらく使っていきたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

水玄ソバ

Author:水玄ソバ
下手の横好き。

MIDPINE名義はこちらへ。
SOBaLOG


suigensobaをフォローしましょう

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。