FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Cintiq用にJiNS PCを買ってみた

 年始にふと見つけたJiNS PCというPC用の眼鏡。
 乱暴に言うと、液晶モニタなどの発する光源から、特定の成分(青波長)を軽減するもの。
 寝る前に携帯などの強い光源を見ると寝付きが悪くなるとよく聞きますが、そういうのも軽減するんだとかなんとか。
 詳しくはJiNS PCで検索してみて下さい。

 個人的にはcintiqで作業するときに目が疲れるので適度なサングラスが欲しいなと思っていて、4000円弱という値段だったので購入してみました。
色は個人的に珍しいグリーン。連れ添いに「何色が似合うかね?」と聞いたら、この色を掛けた姿を見てみたいとのことなので買ってみました。
 さてさて二週間ほど使ってみた個人的な感想を少し書いてみます。
 使用状況としては、今はわりと色を細かく扱う作業が多い時期なので、つかっていたのは一日2時間とかその程度。
 作業内容は、CINTIQにタイムラインを表示した映像編集、譜面編集、イラスタでラフからペン入れくらいまで。
 イラスタで遊ぶ場合、色塗りからはメインモニタ+INTUOS4なんですよね。
 こんな感じで、特定用途に絞った感想になります。

 まず軽いです。
 アームのところはゴムぽく自分で簡単に調節が出来ます。
 レンズは当然ですが度が入っていません。
 全くの透明ではなく、かけると若干、暖色気味に見えます。
 そうですね、普段9300Kの画面を見ていて6500kの画面をみたような感じでしょうか。(それよりもうちょっとその差は低いかも)
またサングラスほどではないですが少し暗くもなります。
 なので色を細かく扱う作業の場合は厳しいと思います。
 肝心の見え方の効果ですが、白背景に黒線というモノクロ作業時にはエッジが見えやすくなりました。
 これがメーカーが謳う効果なのか、輝度が下がったサングラスとしての効果なのかは分かりませんが、滲んで見えていた境界部分が見やすくはなりました。
 TF101やipadのようなタブレットでも良さそうなのですが、眼鏡が細めなので視線を下に向けると視界がフレームから出てしまいます。
 なので頭ごと下を向くか、おじいさんのように鼻掛け眼鏡をしないと視界の真ん中にフレームが来てしまいます。
 名前の通りPCに向かった姿勢が無理がない気がします。
 
 製品本来の目的とは違う気がする目的で使った感想でした。
 ざっくりまとめると、
cintiqのような液晶画面を間近で凝視する仕事
かつ、モノクロ作業をしていて目が痛い人
かつ、普通のサングラスじゃ暗くなりすぎな気がする
かつ、うっかりそのまま宅配に出てしまううっかりさん
かつ、そこそこの値段のもので探してる人

 という人には良いかも、という感じでしょうかw(ピンポイント過ぎるか)
 ただ0が1になるような大効果があるというわけじゃなく、「前より2~4割増し」という感じかたですので、長時間その手の作業に従事する人向けなんだろうなと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

水玄ソバ

Author:水玄ソバ
下手の横好き。

MIDPINE名義はこちらへ。
SOBaLOG


suigensobaをフォローしましょう

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。